次女小学校最後の運動会2012年09月29日 15:00

長女に鍛えられているせいか、圧倒的な強さを誇った騎馬戦。
3回戦まで戦って6つの帽子をゲット!

中二に比べりゃ小6なんて相手にならんわって感じですかね・・・。

枚方平和ポスター作品展2012年09月22日 11:53

次女の作品が市民センターで佳作に選ばれに飾られることになったので行ってきた。
夏休みにちまちま描いていたのだけれど、時間かけた甲斐があったのかな。

紙粘土工作2012年07月14日 20:26

紙粘土工作
先日、嫁さんが次女の懇談に言った時に飾ってあった紙粘土で作ったお弁当。
恐らく作ったのはおかずの部分だけ・・・。
卵焼きにブロッコリー、三色団子までは分かったけれど、光の加減で卵焼きの前のおかずは何か分からんかった。
ハンバーグなん?とメールで聞くと、返ってきた答えは・・・。



タコさんウインナーでした。

うちのお弁当ってそんなにひもじいのか?

母校凱旋?2011年11月13日 18:06

今日は小学校のオープンスクールとお祭り。
(普通に日曜参観って言やぁいいのに・・・。)
午後からのお祭りのオープニングを盛り上げるために近所の中学の吹奏楽部が毎年演奏に来ている。

去年までは演奏を聴く立場だった長女オー。
吹奏楽部に入った今年は演奏する立場で母校に帰ってきた。

3年生が受験勉強のために抜けて、3年無しで行う演奏でどうなることかと思ったけれど、ラストのマルマルモリモリでは低学年の子供が前に出てきて一緒に踊ったり、アンコールまでリクエストされて演奏していて楽しかったんじゃないでしょうか。
観客からのレスポンスがないのが一番やっててツライでしょうから・・・。

家では片付けないオーが、譜面立てや木琴なんかを率先して片付けているのを見てちょっと驚いたのと、家でもその半分でもいいからやってくれたら・・・って思ったねぇ。

ひらかた エコフォーラム2011年02月05日 12:57

発表風景
ひらかたエコフォーラムがメセナひらかたであり、娘の通う小学校が枚方市長賞の表彰をうけた。
4年生の環境学習の一環として総合学習で進めてきた取り組みが認められたとのこと。

で、11時からの学校園表彰をのぞきに行ってきた。

小学校からは事前に、この取り組みの発表と受賞者を募られており、目立ちたがりの次女のニャーは当然のごとく応募したと言うことで・・・。

まずは授賞式があり表彰状と記念品の贈呈があり、その後スライドを使用した活動発表が行われた。
1年間の取り組みをかわるがわるに説明をしていた。
ニャーは牛乳パックを使った紙作りについて、説明していた。
(と言うか、原稿を読むのに必死だったと言うべきか・・・。)

おいらも、嫁さんもこういう場は大の苦手とするところなのですが、ニャーはやりたがるんですよねぇ。
誰に似たんでしょ・・・。

授業参観2011年01月19日 20:04

カレーを作っている自分
今日、授業参観があったらしく、ニャーの作ったジオラマを嫁はんが写真に撮って送ってきた。
カレーを作っている自分らしい。
食器棚の食器とか、鍋で煮込まれたカレーとか芸が細かい。
ピンぼけぼけだけど・・・。

ちなみにこんなに手は長くない。

デットヒート2010年10月12日 01:37



昨日はチャーの運動会。
幼稚園の運動会はお兄ちゃんお姉ちゃんたちが出場できるイベントがあり、ニャーがかけっこに出場。
後半の追い上げむなしく2位で終了。

本人曰く、あと10mあったら抜いていたらしい。

鳩のエサやり@出雲大社2010年05月22日 21:02

親戚の法事へ出席するために鳥取へ出かけるついでに出雲まで足を伸ばしてみた。

出雲と言えば出雲大社。
初めて行ってきました。
(目的は縁結びではないけれど・・・。)

で、子供達が思いっ切り楽しんだのが、鳩さんへのエサやり。
(あぁ、「最低でも県外」って言ってた鳩さんへのエサやりじゃないっすよ・・・。)

鳩のエサを1袋20円で売っているので、試しにやってみたのですが上の娘2人のうるさいことといったら・・・。

クチバシでつつかれたとか、腕に鳩にのられて爪で引っかかれたとか・・・。

全く動ぜず、エサやりを楽しんでいたのがチャー。

小さいお手々に餌をのせて、クチバシでついばんでもらってました。

チャーが楽しんだばあいは「また、ここ来る・・・。」って言うのですが、もちろん言ってました。

侵略2010年04月07日 07:33

オーの侵略

オーは暑がり、ニャーは寒がり。
犬と猫の関係。

暑いんだったら、スリーパーを着なけりゃ良いのに・・・。

暑くなって、布団を蹴飛ばし、あげく寒くなっニャーの布団に侵略。

春になって温かくなってきたのでこれで済んでいますが、冬の寒い時期だとニャーの布団のはぎ取り、布団の争奪戦が始まる。
あげく、喧嘩・・・。

ええ加減にして欲しいわ・・・。

名付けについて2010年04月03日 13:52

子供達の名前をつける時に参考にしたことがある。

王さんが娘さん達に名前をつけたエピソードです。
(そういえば王さんのお子様も3姉妹ですな・・・。)

王さんの娘さんは、皆さん「理」をつけたそうです。
けっこう有名なエピソードだから、皆さん、その理由もご存じでしょうか・・・。

娘さんだから、いずれは嫁に行き姓が変わる。
なので、実家(「里」)は「王」家の娘であることの想いを込めて「理」の字がついている。

僕の名字も一文字なので、その名字が使われている漢字がないこともないけれど・・・。

で、名前にある「和」が隠し文字のように入っている「穂」をつけた。
(まぁ、オーの名付けでそこにたどり着くまでに、かなり頭を悩ませたのだが・・・。)
単に王さんのエピソードだけでなく、これまでの経験から「人の和」の大事さであるとか、人を「和ませる」様な子になって欲しいとか、いろいろな想いが入っているわけです。

それに、なんたって「和」の国の娘ですから・・・。
3人が成人する頃には、今以上にグローバル化が進むでしょうが、自分の生まれた国のことを忘れて欲しくないという後付けの想いもこもってます。



会社の先輩が退職したので送別会を開いた。( http://blog.goo.ne.jp/ag6k-hgs/e/b67fb1513b5b31cf497ff2f5175603f6 )
自分の店を開こうと頑張っているそうだ。( http://blog.goo.ne.jp/ag6k-hgs/e/16d1143987555ee3f763f8392e848e3c )
そのお店の名前に「和(なごみ)」( http://kyoto-nagomi.jugem.jp/ )をつけることを考えているらしい。
お店の名前のことを聞いていたら、自分が娘の名付けをした時のことを思い出した。